中性脂肪の役割と増えすぎた場合はどうなる?

    
     

 

中性脂肪はコレステロールと同じ「脂質」の一種です。

 

コレステロールと同様に中性脂肪も体にとってなくてはならないものですが

中性脂肪が増えると、結果的にはコレステロールも増えることになります。

 

今回はその中性脂肪についてまとめてみました。

中性脂肪とコレステロールの違い

コレステロールは体を作る働きをしますが、中性脂肪は体を動かすために

必要なエネルギーを集積する場所になります。

 

同じ脂質ですが役割は全く違ってきます。

中性脂肪の主な役割

・中性脂肪はエネルギーを一時的にためておく倉庫

肝臓に運ばれた糖質が、中性脂肪に作り変えられ体脂肪として蓄えられるので

エネルギーが必要になったとき、継続的に消費される

・体温を保つはたらき

人間は体温が下りすぎると、命さえ危険な状態になります

皮下脂肪は体から熱が逃げるのを防ぎ、体温を保ってくれます

・臓器を外部の刺激から守る働き

皮下脂肪や内臓脂肪がクッションとなり、臓器を守ってくれます

 

中性脂肪が増えるとどうなるのでしょう?

中性脂肪が蓄えられる脂肪細胞には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。

 

皮下脂肪の特徴はすぐには増えにくいものの、一旦増えると減りにくいと言う特徴があります。

 

内臓脂肪はすぐに増える反面、増えやすく減りやすい特徴があります、ただし増えすぎると

メタボリックシンドロームへと進んでいきます。

 

メタボリックシンドロームの前段階にあるのが、中性脂肪の蓄積、すなわち「肥満」です。

 

※一般的に内臓脂肪型肥満は男性、皮下脂肪型肥満は女性に多くみられます。

 

以上の点からみても、中性脂肪が必要以上増えると、HDL(善玉コレステロール)が減少し

LDL(悪玉コレステロール)が増加して、動脈硬化が進む原因になります。

 

アルコールの飲みすぎは中性脂肪とLDLを増やす?

アルコールを飲みすぎるとと肝臓での脂肪酸の合成が活動的になり、

これをもとに中性脂肪が増え、LDL(悪玉コレステロール)が増加することになります。

 

また肝臓でのアルコール分解に時間が掛かりすぎて、脂肪がたまってきます。

 

そしてアルコールを飲むと、食欲も増してきます

お酒のつまみも高エネルギーのものが多いので、これによっても中性脂肪を増やす原因にもなります。

 

過剰なストレスが中性脂肪を増やす原因になる?

過剰なストレスを受けると、交感神経が刺激され、副腎皮質から

コルチゾルとカテコールアミンというホルモンが多量に分泌されます。

 

カテコールアミンも血糖値を上昇させ、中性脂肪を合成する作用あります。

 

そのためにストレスによって、中性脂肪やLDLが増え、

一方HDLが減少し、動脈硬化を促進することになります

まとめ

悪玉コレステロール値が高いと言われたら、最初に目をむけるのは「肥満」です。

 

肥満の原因は、食べすぎ、中性脂肪を増やす高エネルギーの糖質や脂質のとりすぎ

そして、運動不足です。

 

食べすぎと運動不足が重なると、中性脂肪はどんどん増えていくばかりです。

 

やがて限界まで来ると、行き場のない中性脂肪が血液中に増え、高中性脂肪血症なるということです。

 

中性脂肪の値が増えると、HDLが下り、LDLは増加してきます、

こうして動脈硬化へと加速していきます

PAGE TOP