知っておきたいコレステロールの豆知識

    
     

コレステロールは中性脂肪と同じ「脂質」です。

 

脂というと悪というイメージがありますが、脂質なくしては人の体は成り立ちません。

 

体を維持するためには、なくてはならないコレステロールですが、

増えすぎると動脈硬化などを拍車をかけ面倒なものとなってきます。

 

増えすぎたり減りすぎたりしないように、コレステロールの量を一定に保つ働きが

体は備えていますが、

 

食べ過ぎによってそのバランスがくずれてしまいます。

 

今回はそんなコレステロールの必要な豆知識を調べてみました

■コレステロールは体にとって大切なメカニズム

肉や卵、乳製品にはコレステロールが多く含まれています。

 

しかしそれらの食品を

多く食べたからと言って、すぐにコレステロールが増えることはありません

 

なぜなら、

 

体にはコレステロールを一定に保つメカニズムがあるからです。

 

食事として摂取された量が多ければ、肝臓で合成される分が減り、

逆に摂取量が少ないときは

 

肝臓で多めに合成されますもしコレステロールが余った場合は

不要な分は対外に排出されます

 

こうして、コレステロールの量は日々コントロールされています。

 

しかし、コレステロールの取りすぎや過剰なエネルギーの摂取

運動不足が続くと、調整能力が追いつかず、

 

コレステロールが飽和してくるのです。

■LDLとHDLとは

LDLは悪玉コレステロールと呼ばれています

 

全身の組織にコレステロールを運ぶ役目をしています。

ただ増えすぎたコレステロールは病気を招くため、悪玉コレステロールと呼ばれています。

 

HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

 

HDLは余分なコレステロールを回収して肝臓に戻り、排泄するため

善玉コレステロールと呼ばれています。

 

LDLが増えるのは問題ですが、HDLが増えるのはいいことです。

コレステロールの役割とコレステロール値が低ければいいの?

コレステロールは悪と決め付けられがちですが、それは大きな間違いで

コレステロールは人間の体にとって大切な3つの役割を持っています。

 

その役割とは

・細胞膜をつくる

(体を構成する細胞を包んでいる細胞膜を作っている)

・各種ホルモンをつくる

(生命の維持に欠かせない副腎皮質ホルモンや生殖機能をつかさどる

男性ホルモンや女性ホルモンの原料になる)

・消化液をつくる

(肝臓でつくられる消化液「胆汁」の主成分である胆汁酸の原料となる)

この3つの役割からすると、コレステロールは少なすぎてもいけません。

 

コレステロールが少なすぎる状態を「低コレステロール血症」といい、

貧血を起こしやすくなったりしびれなどの運動障害が起こったりします。

増えすぎたコレステロールはどうなるの?

コレステロールが増えても自覚症状がありません。

しかし、LDLが増えすぎたり、HDLが少なすぎると、増えすぎたLDLが血管壁にたまり

 

血管が狭くなったりして、血流が悪くなります。

この状態を動脈硬化と言います。

 

そして血流が悪くなったり、血管が詰まると、心筋梗塞などが起こしやすくなります。

 

そのために、自覚症状がない分、定期的に血液検査が必要になります。

 

PAGE TOP